SPAYさくらクラブ。日経225先物。システムトレード。検証サイト。投資の参考に。ツール選択の参考にどうぞ。

SPAYさくらクラブは、株式会社テレフォニー・サービスが提供しています」

QNT

QUANTA の情報

キーワード検索 サイト内の記事を検索する場合にご利用ください。           a:930 t:1 y:0

 

[2020年5月13日 Quanta Pay]

Quanta Payを使用して、Quantaで構築および統合されたサードパーティ製品およびサービスとやり取りする

https://www.quantapay.com/

Quanta SWAP/Staking 2020

FAQ: Quanta Token Ecosystem【日本語】

https://medium.com/quanta-swap-staking-2020/swap-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-31aebddacf07

[2020年4月23日 QNTUをSWAP]

5/1までにQUANTAPAY.ioに口座開設とSWAPの申請を

https://medium.com/quanta-swap-staking-2020/swap-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-31aebddacf07

[2020年1月8日 ダグラス、マン島] - ダイナミックパートナーズは、以前に発表されたクアンタの戦略的レビューを完了し、クアンタの取締役会にその結果と勧告を提示しました。

[即時リリース用]

ダイナミックパートナーがクォンタの戦略的レビューを完了
[2020年1月8日 ダグラス、マン島] - ダイナミックパートナーズは、以前に発表されたクアンタの戦略的レビューを完了し、クアンタの取締役会にその結果と勧告を提示しました。

その結果、Quantaの取締役会は、即座に効果を発揮して、次の変更を実施することを決定しました。

ビジネスフォーカス - Quantaは、b2bの前進に焦点を当てて、その活動を拡大するための推奨戦略を実装します。b2c事業はIOMとその子会社を通じて継続するが、Quanta Technologyは規制市場の政府や事業者にb2bソリューションを提供することに注力する。つまり、Quantaは、自社の事業を超えて、現在および将来の柔軟なブロックチェーンベースのゲームソリューションをより活用し、同社の潜在的なリーチを拡大することを意味します。

製品開発 - アジャイル開発プラクティスが採用され、開発時間の集中と加速に役立ちます。Quantaの製品ロードマップは、短期から中期的な成果物に焦点を当て、すべての開発は戦略的かつビジネスに焦点を当て、商業的な可能性が確立され、より大きな有効性を前進させることで実現されるようにします。すべての製品は、非暗号参加者の参入障壁を減らしながら、ゲームにおけるブロックチェーンの可能性を高めるなどの方法で開発されます。Quanta は、複数のユース ケースに拡張できる製品生成プラットフォームを作成します。

Myquanta.im - Quantaのb2c宝くじブランドと操作は、オンボーディングと参加の面でより大きなユーザーフレンドリーのために大幅に強化されます。暗号障壁は、参加が通貨に依存し(QNTUと暗号も受け入れる一方で)、新しいゲームがはるかに迅速に追加されるように削減されます。Quantaは引き続き宝くじの生成にランダオへの参加を使用し、促進し、ランダオへの参加をよりユーザーフレンドリーに進めていきたいと考えています。製品の改善が実施されると、ユーザーを迅速に拡張することに焦点が当てられる。

上級管理職 - 取締役会は、既存の上級管理チームのすべてのメンバーに立ち下がるよう要請し、推奨される変更を実施し、Quantaを進めるのに適していると感じる新しい上級管理職を任命する過程にあります。進化と成長の次の段階。

Quanta ステートメント:「この戦略的見直しは、適切な戦略的ビジョン、そのビジョンを達成するための適切な計画、およびそれらの計画を提供するための適切なチームとリソースを確実に確保するための重要な演習です。6週間は大変でしたが、私たちは今、大きな成長への正しい道を歩み、将来に興奮していると感じています。当社はライセンスを受けた宝くじ技術と運用に重点を置いていますが、ゲームエコシステムをさらに強化する可能性のあるソリューションを増やしていく中で、非常にエキサイティングな未来が見えます」

「クォンタは素晴らしい可能性を秘めています」と、ダイナミックパートナーのマネージングパートナーであるハーメン・ブレニンクマイアーはコメントしました。「我々は成長のいくつかの本当にエキサイティングな領域を特定し、Quantaが調整の期間を完了したら、我々は強化する手段としてゲームでブロックチェーンの使用を開拓し続けるというQuantaの意図に本当の進歩を見始めると確信していますゲーム技術の可能性は、参入障壁を減らす一方で」

クアンタについて
Quantaは、ゲーム用のブロックチェーンソリューションの開発のパイオニアです。2017年、同社は最初のライセンスを受けたブロックチェーン宝くじを立ち上げ、NMI認定の乱数ジェネレーターであるRandaoと共にブロックチェーンを完全に活用し、ブロックチェーン上で完全に構築され、運用されました。Quantaのユーティリティトークン、QNTUはHitBTCとBit-Zを含む6つの有名な暗号通貨取引所で取引します。

動的パートナーについて
ダイナミックパートナーズは、幅広い管轄区域で数十年にわたる経験を持つ経験豊富なゲーム業界の専門家グループによって運営されている香港に拠点を置くコンサルティング会社で、グローバルゲーム業界の真のルートとブランチの理解を持っています。サプライヤー、オペレーター、エグゼクティブ、金融業者、投資家。

05/21 QUANT(QNT)が上場。の間違い

QNTが2種類、同名の別コインがあることが判明。
QUANTAとQUANT(末尾のAがない) の異なる事業体のコインであることが判った。

われらが参加するQUANTAには、QNTレギュラーとQNTU(ユーティリティ)の2種あり
QNTUは現在0.018円程度で、公開されていてQUNTレギュラーは非公開です。

05/13 Quantaはその包括的な事業計画と将来のためのロードマップを確立

https://www.quanta.im/quanta-establishes-its-comprehensive-business-plan-and-roadmap-for-the-future/

05/08 QUANTA 宝くじ購入サイト

https://www.myquanta.im/home

05/08 最初のVIP Lottery抽選を成功裏に開催した

http://bit.ly/2JCydnO
05/17の時点で、1.9倍に急騰。

02/08 マン島でブロックチェーン宝くじが始まった。

Quantaは就任式の抽選で歴史を刻む世界初の認可されたブロックチェーンの宝くじオペレータが、マン島のプレーヤーに画期的な抽選で19の賞を配っています
http://bit.ly/2DIY75S

10/27 Quanta プロジェクトの公式の報告文書の翻訳

QNT 保有者各位

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
本書は、Quanta プロジェクトの公式の報告文書の翻訳となります。

1)Quanta Trading Deskのアップデート
 2017年10月27日に、「Quanta Trading Desk」は、「Quanta Exchange」へのアップデートを実施いたします。今回のアップデートでは世界水準となるオーダーブック機能が追加され、カウンターパーティからの注文や、流動的な相対取引を行なうことが可能となり、QNTの市場での流動性向上が期待されます。
「Quanta Exchange」は同日に公開されアカウントの事前作成(個人情報の登録)をおこなうことが可能となります。
※ご利用に際しては一部ユーザーの皆様には、個人情報の再提出・追加書類の提出をお願いすることになり、認証後にご利用可能となります。ご了承ください。

2)Quanta宝くじのグローバルローンチ
 Quanta Technology Limitedは、昨年に引き続き、世界最大のギャンブルの祭典「ICE Gaming 2018」(2018年2月6 ~8日 ロンドンで開催予定)への参加を予定しており、
本イベントでは、兼ねてより開発を進めておりました「Quanta宝くじサービスのグローバルローンチ」を行うことが決定しております。これにより業界に関連する多くの方々に、Quanta宝くじをブロックチェーン上で宝くじサービスとして楽しんでいただくこととなります。

■ 昨年開催された ICE Gaming2017 の実績
(中間削除)

3)サードパーティ取引所へのQNT公開に関するお知らせ

 前述の通り、Quanta 宝くじのグローバルローンチの公開日が確定したため、Quanta経営委員会は、QNTをサードパーティーの取引所に公開するタイミングを、Quanta宝くじメインネット公開後が、最適なタイミングと判断いたしました。暗号通貨の取引所へのリストアップを取り巻く環境が、この半年で大きく変化しており、現在、取引所に公開しているトークンのほとんどがシステムやプロダクトが未完成であり、ICOマーケット全体として、マネーゲーム化していることが各国政府から懸念され声明を出すなどの対策が行われています。このような状況下において、Quanta経営委員会は、充分な評価を得ないまま、取引所に公開されたトークンの惨状を危惧し、「Quanta Exchange」のバージョンアップを優先し、予定しておりました取引所への公開を一時的に、見送らせていただきました。

私たちは充分な評価期間を得ることで、高いガバナンス、実際の事業に基づく信頼を得ることができます。継続的に安定した評価を得ることが、QNTの価値向上に最も寄与すると信じております。

4)テクニカルオフィサー就任のお知らせ

 この度、Quanta Technology Limitedは、Kostantions Farris氏をテクニカルオフィサーとして迎えることとなりました。Kostantions氏は、ギャンブリングテクノロジーのマネジメントに20年以上のキャリアがあり、世界でも有数のゲーミング企業であるINTRALOT社」(利益1750憶円規模)に28年間の勤務しその経歴の中で、CTOを務めた実績も持ちます。今後は、Quantaの技術部門のトップとしてQuantaに注力していただくこととなり、Quanta開発チームのブロックチェーンエンジニアリングに関する技術力に加え、同氏の分野であるギャンブルテクノロジーとの融合を最大化していくことで、未だかつてないブロックチェーン宝くじ事業が創造されることでしょう。

(中間省略)

5)ロードマップの更新
2017年12月末:テストネットにおけるQuanta宝くじの公開
2018年1月中旬:メインネットにおけるQuanta宝くじの公開
2018年2月6日~8日:Quanta宝くじのグローバルローンチ

ワールドツアーデモンストレーションズ
2017年11月15日:フィリピン(マニラ)
2017年11月22日:マカオ
2017年12月06日:ロンドン チャリティロタリーの開催


powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional