SPAYさくらクラブ。日経225先物。システムトレード。検証サイト。投資の参考に。ツール選択の参考にどうぞ。

SPAYさくらクラブ。システムトレード検証サイト。様々な投資情報をスクリーニングして情報提供。

opl2

OPライトⅡ売り戦略

管理人が、任意の時刻に記録した実績ですので、開発者や、皆さんが実際に行ったトレードとは、必ずしも同じではありませんが、ひとつの記録としてフォワード検証を掲載します。

OPライトⅡ売り戦略の購入はここからリンクします


2017年

仕込日コール売PUT売予定サヤ清算日損益累計メモ
01/04 22021010001/10+60+60SQ前利確
01/12 38538015001/23+190+250150超利確
01/23 38531010001/25+110+360100超利確
01/26 31522510001/30+95+455100近利確
01/31 23526010002/02+70+525100近利確
02/03 230180100弱02/06+90+615100近利確
02/06 145180100弱02/08+145+760100超利確
02/09 375345150 02/21+145+905150近利確
02/22 245240100弱03/06+220+1125100超利確
03/09 325400150 03/28+225+1350入院のため放置  200超利確
03/29 210240100弱04/04-71+1279損切り
04/05 175195100弱04/06-100+1179損切り
04/07 165205100弱04/11+175+1354100超利確
04/14 380435150x304/24+135+1489150に近いので
04/25 200225100超05/09-340+1149連休放置損切なし
参考 7605損切り+20+1509760-200で損切り-200
05/11 320240 15005/18-65+1084Pの損切り
05/19 245285 10005/23+100+1184100利確
05/24 190205 100弱05/29+75+1259100弱利確
05/30 175125 100弱06/05-58+1201C売(損切)
06/09 280320 15006/19+140+1341150弱利確
06/20 215255 10007/03+115+1456100超利確
07/04 195170 100弱07/10+120+1576100超利確
07/13 225250 150弱07/20+105+1681100超利確
07/21 230135 100弱07/31+90+1771100弱利確
07/31 185110 100弱08/04+70+1841SQ近く 100弱利確
08/10 245280 15008/17+100+1941100超利確
08/18 305240 10008/22+105+2091100超利確
08/23 235195 10008/28+90+2181100弱利確
08/29 160175 100弱08/31-40+2141C損切り
09/01 165100 100弱09/04+10+2151P損切り
09/07 265330 15009/13-50+2101手仕舞い
09/14 280220 10009/20-145+1956C損切り
09/21 190225 10010/02+70+2026100弱利確
10/03 120155100弱10/11+21+2047C損切り
10/13 355310 150

2016年

仕込日コール売PUT売予定サヤ清算日損益累計メモ
01/08 51557015001/18-285-285ロスカット
01/19 54551015001/21-215-500ロスカット
01/22 64060015002/28+295-205200以上
02/12 80575515002/17+-0-205手仕舞い
02/18 59551515002/24+205+-0150x3回目
02/25 40540515003/01+190+190150x1回目
03/11 47550015003/18+270+460150x3回目
03/22再32527510003/30+180+640150以上
03/31再14526510004/01-149+491ロスカット
04/01再27022010004/04+120+611両+利確
04/04参考22016010004/07+114--SQ清算
04/08  54045515004/14-215+396ロスカット
04/15再43543015004/21-190+206ロスカット
04/22再43549515004/28+414*+620250以上
05/13 43541515005/23+220+840200を超えた為利食い
05/24再29031015005/27-90+750コール売り損切
05/30再30022015006/07+142+892150に近いので
06/09 46045515006/16-80+812損切り
06/17再46049515007/01+580*+1392150の3回目
07/04再15012510007/06+16+1408P損切り
07/07 8限52551015007/12-295+1113C損切り
07/13再52051015007/28+160+1273大山外出の為手仕舞い
08/01再33523010008/04+155+1428100超えたので利確
08/04再19523010008/05+80+1508100円に近いので利確
08/12 9限32029010008/25+110+1618100円を超え利確
08/26再250220100弱09/01-63+1555C損切り
09/02再200160100弱09/07+157+1712+150超え利確
09/08 10限475390150x309/21+255+1967+250超え利確
09/23再300215100弱10/03+105+2072+100超え利確
10/04再165185100弱10/07-23+2049C損切り
10/13 38033015011/04+120+2169+100超え利確
11/11 38036015011/17-135+2034C損切り
11/18再28531010011/25-75+1959C損切り
11/25再25524510012/06+230+2189+200超え
12/09 40540515012/26+200+2389年末手仕舞い
06/17仕込の07/01返済の結果 +580と好成績になった。本来は150の3回目で6/30に+480で利確するか、250円以上あるので、6/29に+425で利確していた案件ですが、私のウイルス対策での混乱で、結果OKの高配当になりました。

04/28の* 日銀発表の失望売りで、一気に下げたことで、サヤが拡大した。今回はフロック。逃げそびれた方は-300ほどのロスになった模様。売り戦略は大きく動くとロスになる。今までの日銀発表の後はロスになっていたので、今後も警戒を。

04/08のボトム15330から04/21の17410へ向けて2000円以上の上昇により連続のロスカット。
04/04は、エントリーせずに参考値として記録します。
02/25は3限月の再々エントリーなので、150の1回目で利確した。これを3回目とした場合 03/03時点で、コールが損切りにかかり-85となった模様。
02/12に仕込んだ事例でメモを残します。
プレミアムの合計が、1560という前例のない高額であること。2/12まで、歴史的な下げが続いていて、その後の反動が想定できていたこと。ニュース等で、休むべき空気感があったことなどから、参入すべきでないという事ですが、記録を取ってみました。
月曜02/15には、コールが855で、-55 PUTが305で、+450で、利益になった可能性がありますが、経験不足で、これには反応できませんでした。
火曜02/16は、相手がいなくて判断できません。
水曜02/17は、コールが1240で -435 PUTが320で、+435 +-0 なので手仕舞いした。
木曜02/18も相手がいなくて判断できませんが、これ以上上がると損切りにかかって、マイナス150円程度(推測)で終わると思います。
教訓として、やはり、大きな変化の時は、見送るのがベスト。 2/18記録
記録的な下げがニュースになるような大きな傾向があるときは休むべき。 2/12記録
早い時期の損切りは、大きくなります。
耐えていただくしかありません。

2015年

仕込日コール売PUT売予定サヤ清算日損益累計メモ
11/1339039515011/30+240+240150x3回目
12/0124522010002/04-14+226ロスカット
12/1137041515012/15-200+26ロスカット
12/1638042515012/24+260+286150x3回目
年越しの再再エントリーはしない。

再エントリーは、手仕舞いした翌日の大引けでのエントリーとします。
損切りが、連続するとはあまり考えていませんが、
ニュースなどで、傾向がはっきりしているときは、
エントリーを避けるべきかと思います。

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional